スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社民・福島氏「普天間移設は覚悟を持って」(産経新聞)

 社民党は23日、東京・永田町の党本部で党大会を開いた。福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について、「社民党と政権の正念場。覚悟を持って取り組む」と県外、国外移設の実現を訴えた。

 民主党の小沢一郎幹事長の資金資金問題では、「政治家として国民への真摯(しんし)な説明が必要」として、小沢氏に説明責任を果たすよう求めた。

 また、同党の沖縄基地問題対策プロジェクトチームの照屋寛徳座長は同日、移設先としてグアムとともに提唱してきた硫黄島を、「(条件が厳しく)移設候補先から取り下げる」とした。

      ◇

 米軍普天間飛行場の移設問題などが争点となる沖縄県名護市長選は24日に投票、即日開票される。移設容認、反対両派候補の一騎打ちとなっている。

【関連記事】
普天間移設先から「硫黄島」取り下げ 社民・照屋氏
社民が訪米団派遣へ 普天間移設で議会関係者と意見交換
「最後まで県外、国外主張」普天間移設で社民・阿部氏
普天間移設問題で首相「グアムも検討」 社民は歓迎
社民・福島党首が無投票4選へ 普天間の決着次第で党分裂も?

<労働者派遣法>労組や弁護士が抜本改正求める (毎日新聞)
<元看護師殺人未遂>時効成立、夫「逃げ得許さない」 大阪(毎日新聞)
雑記帳 高橋大輔選手に猫駅長「たま」のお守り(毎日新聞)
阿久根市長「取材での庁舎内の撮影禁止」通達(読売新聞)
一足早く「鬼は外」和歌山・補陀洛山寺(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。